スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「Big3」驚異の急成長の秘密(2) 

(前回の続き)

キーワードの2つ目は「運が良かった」という内容です。これは、前回の「謙虚さ」とも関連がありそうです。(経営者ご自身の実力は敢えて主張せず、)周囲の人々の助けがあったからこそ、ここまで成功できた、と説明しています。

この「運が良かった」すなわち「人間関係の良さ」の結果なのかもしれません。

「幸運は他人によってもたらせる」と聞きます。逆に「不運も同様に他人によってもたらせる」と言えましょう。この人間関係をどのようにして築くかを非常に気になるところで、当然ながら確認をしております。しかし、返ってきた返事は、やはり「人に恵まれた」「周囲の人に助けられた」つまり、「運が良かった」なのです。

この「幸運」に関連して、以前読んだことのある本で、五日市剛さんの「ツキを呼ぶ魔法の言葉」という非常に薄くて1時間くらいで読めそうな本があります。
筆者は、学生時代に中東文化の研究のためイスラエルに旅行に行きます。そこで出会ったユダヤ人のおばあさんとの会話。

おばあさん「ツキを呼ぶ魔法の言葉があるのよ。すごく簡単で単純な言葉よ」

筆者「何、なに?教えてくださいよ」

おばあさん「それは、二つあってね、ひとつは『ありがとう』、もうひとつは『感謝します』簡単でしょ」

この本の中でおばあさんは、これら2つの言葉はどんな時でも自由に使っていい言葉としていますが、さらに使い分けたなら効果的と説明しています。

1.ありがとう…何か大変な状況になった場面で使う。例えば、交通事故に会った時などに「ありがとう」と声に出す。なぜなら、イヤな時にイヤなことを考えると「不幸は重なる」の法則でさらに悪いことが起きる。そこで、「ありがとう」と言うなら不幸の連鎖が断ち切られる。
「災い転じて福となす」のことわざのとおりです。

2.感謝します…何か良いことがあったら「感謝します」と言う。さらに未来をイメージしながらも使ってみる。例えば、「明日の運動会、晴れました。感謝します」「一週間後、○○の試験合格させていただきました。感謝します」

少し、脱線気味ですが、以上「謙虚さ」と「運が良かった(=良好な人間関係)」この2つのキーワードについて説明してきました。しかし、この2つの特質を兼ね備えた経営者って、けっこう見かけるような気がします。この2つだけで成功・願望実現への公式とは思っていません。

彼ら「Big3」にはさらに三つ目の特質があります。それは、自分の経営に対する将来構想の大きさです。すなわち明確なビジョンをお持ちなのです。いつもそれを熱く語ってくれます。しかも自信に満ち溢れています。かならずやりとげる、という信念をひしひしと感じます。

あと、強いて四つ目をあげるなら、それは「カリスマ性」です。私は実はいつも緊張しながらお会いします。正直言うと、怒らせたらさぞや恐いだろうなー、と緊張しながらお話をします(笑)。でも、怒ることは決して無く、いつも優しく接してくれます。そこに大いなる魅力を感じます。俺はこの人についていく!命を捧げても惜しくない!(捧げませんけど… ^^)

ただ、この四つ目の特質は育った環境や親からの遺伝などの部分が大きいので、私が求める「凡人でもそこそこ成功する願望実現の法則」には当てはまらないのでこれ以上のコメントは避けます。

うーん、でも自分も「カリスマのカケラ」だけも欲しかった。(^^;




スポンサーサイト




記事編集 [ 2007/09/25 23:22 ] よもやま話 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://attoh.blog119.fc2.com/tb.php/15-67dcd8e6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。