スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

脳力開発のアイテム 

 第3条の「専門知識とアイデア」に関して、特に「脳力開発のアイテム」としてどんなものがあるか検討してみます。

 脳力開発の最終目的は「直感・発想力(アイデア)」のが得られることです。

 そのために、まず発想・アイデアが浮かぶまでの<基本的な流れ>として


 1.情報収集(インプット)…インターネット、新聞、テレビ、専門書、ビジネス書、速読、早聞き、セミナーなど

    ↓

 2.情報加工…記録、記憶、整理、組合せ、文章化、マインドマップなど

    ↓

 3.発想成熟…何もせず、リラックスする

    ↓

 4.ひらめき…直感・発想は、有る日、忘れたころにふとひらめく


 ※とくに1.情報収集(インプット)の前に、情報収集する目的と目標を明確にしておくことが大事です。

<参考>

 目的・・・どうして?どうしたい?どうなりたい?

 目標・・・具体的な数値管理されたもの、中間で達したい状態など。


 次に直感・発想(アイデア)に関する脳力開発の<アイテム>として、

 マインドマップ、Insight-CD、速読、

 早聞き、セミナー、アイデアの公式、

 イメージング、瞑想

 などが考えられます。それぞれ一長一短がありますが、その効果などは後日検討していきます。

アイデアのつくり方アイデアのつくり方
ジェームス W.ヤング 今井 茂雄

by G-Tools
スポンサーサイト

3条 専門知識とアイデア(概要) 

 3条 専門知識とアイデア(概要)

 第3条「中小企業の経営者には専門知識が求められる。そして、専門知識から発想・アイデアが生じる」

 (※工事中です)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。