スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

税源移譲により住民税が高くなった ! 


 今年の6月ごろのニュースでは、給料の支給額から控除される住民税が高くなったと騒がれていました。税率が今まで5%だった人が10%になったのですから、収入額が変わらないのに住民税額が倍以上となり、多くの人達が驚いたようです。
 給料所得者は1月から所得税の源泉徴収額はその分下がっていたので、実質の税負担額は変わっていないというのが課税庁の説明ですが、定率減税の廃止もあり、税負担感は確実に重たくなっています
スポンサーサイト
記事編集 [ 2007/10/18 08:59 ] 得する税金の話 | TB(0) | CM(0)

一人5,000円以下の飲食交際費(最近の税制改正より) 


 交際費は、従来からその支出額の10%が経費として認められませんでしたが、このたびの改正により一定条件のもとで、

 「その法人外部の人との接待等のための飲食代のうち、1回につき1人当たり5,000円以下の飲食代については、全額が損金算入(経費処理)することができる」

 という規定で、法人にとってこれまでよりも有利なものになりました。
記事編集 [ 2007/10/18 08:57 ] 得する税金の話 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。