スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




記事編集 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小さな自我から脱出するための公式(2)  

(2)小さな自我から脱出するための方法

1.この小さな自我から脱出するためには、(1)の過程を逆に遡っていきます。まず、自分の思いがどこにあるのかを確認していきます。自分を正当化している思いと相手を否定している思いを否定することなく客観的に見つめていきます。

2.この自分の思いを客観視できたなら、次にするべきことは、相手の否定・批判をやめることです。まず、知っておくべき点は「どんなに相手を責めても、相手は絶対に変わらない」ことを認識すべきです。この点さえ理解できたのなら、相手を責めることや否定することがどんなに無意味で時間の無駄かがわかるはずです。

3.さきほどの相手を批判する必要性が無くなれば、無意味な自分の正当化も必要なくなります。しかし、ここでは、さらに「自分に間違っていた点は何か無いか」を探します。
「俺は絶対に間違っていない!」すぐには難しいでしょう。また相手への批判が始まるかもしれません。それでも、振り返り検討していきます。すぐに答は出ないかもしれません。2日も3日もかかるかもしれません。
結局のところ答は見つからないかもしれません。それでも良いのです。

 意識の焦点を、相手の言動から自分の言動に移すことが大切なのです。

4.ここまで出来たなら、最初に出会った頃の「良い感情や考え」を思い出してみます。最初は相手に対する印象はどうだったか、どうしていこうと思っていたのか・・・などです。

5.最後の仕上げです。これが一番難しいかもしれませんが、これが実行できないと、画竜点睛を欠く、魂が込められていない絵と同じです。
 1から4までの事実や思いを相手に伝えるのです。言葉や文章にして・・・。
場合によっては謝罪の必要もあるでしょう。誤る必要が無いと思えば、どのように自分が相手を否定し、今回は自分の非を探っていったかを伝えます。必ずや相手には自分の真心が伝わるはずです。
スポンサーサイト





解けました

 問題は、ここでした。小さな自我から抜け出すことが出来たら全てが変わるのでしょう
 自分を客観的に分析するというのは、冷静さと強さを求められる訳ですね
 ありがとうございます。
[ 2007/12/27 11:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://attoh.blog119.fc2.com/tb.php/37-91c13cec


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。